mizukisaki diary

ただの日記

過緊張

梅雨でジメジメしている毎日。

バックには折りたたみ傘を入れっぱなしにしてあります。
ええ、面倒なので天気にかかわらず入れてあります笑


最近仕事ではやっと精神的な落ち着きを取り戻しつつあります。
過呼吸は出なくなりました。

でも、何もない平和な日でも、異常に緊張する事があります。

それも症状の一つです。

ずっと心臓がバクバクいって、
ソワソワし、
右に左に行ったり来たりする羽目になります。

仕事になりません。
集中出来ないんです。

他の人にはバレてはいけないと思いながら
必死に仕事をしています。

主任にチラッと訴えてみると
全然普通に見えたよーと
呑気な返事をもらいました。

バレてなかったと安心したものの
私のこの緊張感をわかってもらえなかったという残念な気持ちにもなりました。

まぁこればっかりは他人にわかるものではありませんが。


先日、師長と面談しました。
私が必死に症状をひた隠しにしているのが功を奏して?、師長は私が落ち着いて仕事が出来ていると思っていたようです。

私が症状をひた隠しにするのは、
他のスタッフに変に気を使われるのが
嫌なだけです。

薬にお世話になっている事がバレても
良いとは思っていますが
しょっちゅう症状が出ていて
周りに迷惑をかけて
疎まれるのは避けたいのです。

薬飲んでいても、普通に仕事ができるなら
周りに変に気を使われずに済むんじゃないかと
勝手に思っています。

薬を飲んでいる事を話した人も
普通にしてくれています。
気を使ってくれているかもしれませんが。


師長はちゃんと話しを聞いてくれました。
言いたいことは全部言えました。
間違った事を言ったかもしれませんが
私を否定する事なく、ちゃんと聞いてくれました。

それだけで、すごく救われた気持ちです。

いつ辞めたいか決めてる?と聞かれた時も、
正直に、明日からでも来たくないと
言いました。
でも、迷惑をかけたいわけでもないし
現実、明日やめて次の仕事を探すまでの
金銭的余裕があるわけでもありません。

それもちゃんと耳を傾けてくれました。
すごく、楽になりました。

元々の私の性格があるので、
訴えを否定されるのがとても怖い私。

それなのに、思ったことは口から出ちゃうので
後でめちゃくちゃ後悔する事を繰り返しています。


師長と面談した後も、時々症状と闘いつつ
忙しく走り回っています。


ベテランと言えるほど経験を積んだ訳ではありませんが、それなりに経験をして、この仕事のいいところも辛いところも見えてきたつもりです。

その上で、看護師を続けるのか、
別の仕事を探すのか、
看護師として違う形を探すのか、
もう少し悩もうと思います。


にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村




やっと書く気になりました笑

相変わらず忙しい毎日。
朝起きることから必死。

新しい病院に勤め始めて1年と2ヶ月が経ち、やっと本音を言っても聞いてくれる人ができました。

新しい職場に入ってから、なんでこんなトコ来たんですか?っていきなり言われ

違うところにすれば良かったのにと言われたことも、師長に暴露してみました笑


もうどうにでもなれと思ったし。



やっと師長との面談もでき、安心して仕事ができるように配慮してくれてる事を知りました。

ありがたい。


それでも一度落ちた精神状態がなかなか戻る事は難しいようで、体重が徐々に落ちていて

服のサイズが合わなくなって来た、、、

日勤だろうが夜勤だろうが、リーダーだろうが関係なく、動機や不安感に襲われ、ソワソワしている事を必死に隠しながら仕事してます。

薬を飲み忘れても平気で働いてる日もあるけど、飲んでいても突然襲ってくる不安感と焦燥感。



正直、明日でも辞めれるなら辞めたい。

休職とか部署異動は勧められたけど、辞められるのはちょっとと繰り返され続けてきた。

でも、少し話が進みそうで、なんとか部長に話を持って行ってくれるって言ってもらえました。

それだけでも、少し心は楽に。

なんて単純なんだ笑。



唐突に、最近あった医療麻薬のお話を。

オキシコドン徐放錠を内服している方が錠剤を飲むのが厳しくなったので、粉砕して飲んでいる事もありますってメモが残っていました。

誰だよ!そんな事したやつ。

徐放錠は徐々に薬が吸収されるような仕組みに出来ているので、砕いちゃったらダメなのに!


まぁ結局、本当に粉砕したのか、誰がやったのかははっきりせず。

主治医には錠剤の内服が厳しいので、薬の変更を検討して下さいと伝えました。

結局フェントステープへ変更。
そこでも、オキシコドンの最終内服に合わせて貼りたかったのですが、主治医より届き次第貼るようにとの事。

まぁ指示なのでその通りする事になりましたが、薬のルール的には若干違うとおもうのですが、、、。

看護師は文句言えませんからね。
結局、主治医の指示でって言われちゃうんですよね。

全部、医師の指示って言っとけば、法律でも犯罪にされることないからって豪語してるドクターもいたなー。
こんな奴に当たりたくねーと思ってました。
(口悪くてすみません。)
夜勤の時にその先生が当直だった時は、何もない事を全力で祈ったのは忘れたい思い出です。



いつも患者さんが苦しんでいるのを現実で見ているのは看護師。
それを主治医に伝えても、ちゃんと患者さんと話してくれるドクターもいるけど、指示通りに薬使っといてーとだけ電話で言ってくるドクターも。

多忙なのはわかる。
でもあなたたちが扱ってるのは人の命ですよとブチ切れそうになる事もあります。

目の前で苦しんでいる方に指示がないと何も出来ないっていう現実に挟まれて、悔しくて申し訳ない気持ちになる事が時々あります。

側にいて、話を聞いて、手を握って。
それだけで楽になる方も多いですが、それすらままならない毎日。

とにかく時間通りに仕事をこなして、定時で上がるのが合言葉の職場。

そのせいで薬の確認を適当にして、インシデント。

もっとちゃんと看護師をやりたい。
それには私も学ぶ事は多々あるのですが。

まだまだ悩みストレスと戦う日々は続きそうです。




にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村

頭が軽くなりました

結婚して1年以上経ってからでしたが、やっと結婚式を行いました。

ずっと伸ばしていた髪を最大限に生かして、ヘアセットは3パターンもやってもらえて満足です。


始めたばかりのブログもままならないほどにバタバタでしたが、なんとか終わり
飽きていたロングヘアから、バッサリとショートに変更!


頭軽くなったー!

基本ストレートヘアの私ですが、短くするとクセが出るので、思うようには出来なかったけど満足!

当分短いままいろいろ遊ぼうと思っております。


そしてバッサリ35cmほど切った髪は貰って帰ってきたので、ヘアドネーションやってみようかな。

ただ、だいぶ枝毛やら切れ毛やらが出て来てて
パーマかけたとこはほとんど切ったはずだし
カラーリングもしてないので大丈夫だと思うけど

猫毛気味の私の髪で大丈夫なのかしら?

役に立てばいいなー
やっぱり医療者としても、女性としても
髪の大切さは知ってるわけで、
男性も女性も治療で髪を失うって
結構傷つくんだよね。




最近の仕事はなんとかやっておりますが
やっぱり動悸が治まらず、
1時間遅く出勤させてもらったり
薬に頼る日々は続いております。

今月で辞めるスタッフからは
嫌味を言われ
夜勤ではインシデントを起こし
まじしんどい。

結婚式終わってからの現実が
キツイです。

やっと仲良くなれたスタッフも辞めちゃうし
でも勇気を出して、ライン聞き出しました
めっちゃ嬉しくて、ご飯行くの楽しみ!


いいことも、悪い事もいろいろあります。

進んだり戻ったり、薬に頼りながらも
やっております。

旦那も仕事が楽しそうなので一安心ですが
これから子供とかも考えると、
将来は安心できない。
いろいろ考えねば。

当分は結婚式の余韻に浸りつつ
新人や中途相手にバタバタしそうです。






にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

4月になりましたね

4月になり、私の病院でも昨日入職式が終わったようです。

きっと、緊張とワクワクでいっぱいだったんだろうなと。

私もそうだったなーと思いながら、夜勤明けでさっさと帰って来てしまいました笑

入職式はどこに配属されるのか、20年前から漠然となりたかった看護師にようやくなれるのかと前向きな事しか考えていなかった。


最初の1.2ヶ月は緊張で、よく顔死んでるわよと先輩に言われてましたけど笑
よくご飯連れてってもらったりして、励ましてくれた先輩でもあったので、今では笑い話ですが笑



そして今月から8年目の私はどうやら環境の変化が苦手なようで、食欲が落ち始めました。

病棟のスタッフや師長、主任と一斉にスタッフが変わってしまったんです。


今は炭水化物拒否、お肉拒否です。
お腹は空くのに。



ヨーグルトとかゼリーとか食べられる物を探して食べていますが、体重が落ち始めました。


今月結婚式を控えてる身としてはありがたいような、でもやつれて出るっていうのもどうかと。


まだ、夫の支えや結婚式を楽しみにする気持ちでなんとか仕事もこなしていますが、このままだと大丈夫なんだろうか。

そろそろ薬も切れるし、病院で相談かなー


仕事を辞める選択をしたいんだけど、また次って思うとなかなか動き出せずにいます。


この資格はいくらでも就職先あるけど、経験の内容によっては病院が合わなかったり、見学だけじゃ見えない裏側にうんざりする事もあるんだと勉強になりました。


悩むぐらいならさっさと辞めた方がいいと言われることもあるけど、また同じ失敗をとか、お金の事とか考えると踏ん切りはつかない。

そして、法律で決まっていても1ヶ月前に辞めるって言っても辞めさせてもらえない現実。

あとは有給消費で1ヶ月くらい休みとかも病院によってはありません。

前のところ辞める時は、有給消費0日でした!

超ブラック。

まぁ病院でホワイト企業なんてないです。
サービス業に近い所もあるし、クレーム対応もしなきゃなんない。
休み取れない、有給消化率なんて10パーセントぐらいのところ結構ありますよ。
残業代付かないとかもあることはあります。



まぁ4月からする話ではなかったかもしれないけど。
それが現実で、そうやって医療業界は回っているのです。
スタッフを優遇すれば患者が置き去りに、患者を優遇すればスタッフが置き去りに。
経営だって成り立たなくなるでしょう。
その中で自分の妥協点を探さないとなーと、最近は思っています。


これから、社会の荒波に突っ込んで行く人も多いと思いますが、自分を大切に。
しんどくなったら、環境を変えたり、専門家に頼るのも手ですよ。




にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村

ショックな出来事と私の思う大切な事

今の職場ですごく尊敬する人がいるのですが、その人が辞めてしまう事を知ってショックを受けています。

唯一私の考えを理解してくれる人だったので、これからどうしていこうか悩んでいます。


結婚もしてるし、年齢的に子供も考えています。
やっと就職して1年経つし、結婚式が終われば子供をと考えていたのですが、もう辞めちゃおうかなって。


わたしは患者さん達がなにを望んでいるか、必ず想像します。

それは些細なことでも、人生を終える選択を迫られた時でも、なんでも。
人はなんがなんでも最先端治療を望む訳では無いのです。
それで病気が治ったり、それで余命が10年伸びるなら選ぶかもしれません。

でも、高齢者や末期ガンの人はそれは当てはまりません。
いつ人生が終わるかわからない人が多いので、自分の人生をどうやって終えるかを考えなければならないんです。

私は最後までその人らしくいて欲しいと思っています。
好きな事、家族との団欒、仕事の事、お金の事。
いろんな、その人を取り巻く環境が出来るだけそのままで人生を終えて欲しい。

自分の人生が終わる時、皆さんはなにを考えるでしょうか?

家族のこと、お金や財産の整理、自分の荷物のこと、人に見られたくない自分だけの秘密の事。


今まで関わった人の中には、余命宣告された次の日には弁護士事務所に行って、遺言状を完成させて来たとスッキリした顔で話した人もいました。
奥さんも笑顔でした。
自分で自分の人生の整理しようと心を切り替えられたのでしょう。

逆に、病状や余命を宣告された最中に、引っ越したばっかりなのにどうすればいいんだと悩んでいた人もいました。
その時医者は、そんな引っ越しの手続きより、治療の話をしてるんですよ、とイライラしている様子でした。
その会話を聞いていた私には、きっとこの人は順序どおりに手続きを進めていかないと、自分の治療や人生の終えかたを決められないんだろうなと感じました。
だから、あえて声を掛けさせてもらったりしたけど、医者はなんでなのかわかってない感じでしたね。


治療をするのは医者ですが、それを選択するのは患者や家族です。
その患者や家族の心の準備が整っていないのに、どうしますか?すぐ決めてくださいって迫られても決められないに決まってるのに。


この病院のスタッフはそれは疑問に思わない。
定時で帰る事が全て。
こんなに人は冷たいのかと人生勉強しています。

この話をわかってくれるのはあの人だけだったんだけど、その人がいなくなってしまうのは不安しかないんですよね。


私の看護感をひたすら否定される環境でやっていけるのか。
これ以上私が病んでしまったら旦那にも迷惑かかっちゃうしなー。


4月からまた人事異動や新しいスタッフの入職があって、環境が変わります。
私の心がそれについていけるのか。
話せるタイプの人が来てくれれば良いんだけど。
最悪やめるしかないかな。





にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村

人はみんな最後を迎える

 

私たち人間は、最後に必ず死を迎えることになります。

それはどんな形かはわかりませんが、必ず迎えます。

 

私は高齢者が多い病棟で働いている期間が長いので、実際に病院で最後を迎える人を見る機会は少なくありません。

癌の終末期の方、高齢で寿命を迎える方、急変される方もいます。

私はその現場に居合わせる時いつも緊張します。

平常心でいられる人はいないと私は思っています。緊張することはなくても。

 

病院なので、心電図モニターを付けていることが多いので、心臓がどのぐらいの速さで動いているのか、血圧はいくつなのか、意識はあるのか。

そういうところを常に気にしています。

 

そして、家族の事です。

 

最後を迎える時に、いくらこの先が長くないから、心臓マッサージや人工呼吸器をつけなくていいです。いつ亡くなってもいいように覚悟ができています。と、言われても、最後は家族に会いたくないですか?

 

私は合わせてあげたい。会ってほしい。

 

だってもう二度と、会話どころか、手を握っても体温すら感じられないのは寂しいじゃないですか。

会話が出来なくても、心臓が動いていてまだ生きているっていう実感が得られるタイミングまでに家族に合わせてあげたいと思うのです。

人の五感のうち聴覚が最後まで残るといわれています。

家族の声で止まりかけた心臓が少し戻ったような場面も何度か見ました。

(他の医療者には気のせいと言われるかもしれませんが。)

 

 

最後がいつ来るのかは誰も予想できません。

余命はどのくらいです、と医者に言われたとしても、それは統計学的な数字でしかないのです。

 

家族の誰かがいなくなる時、本当に覚悟はできていると思いますか?

もう二度と会えないんです。本当に二度と。

 

病院の実際をお話しすると、救命処置を何もせずこのまま経過観察をするだけでお見取り方向です。という場合、どのタイミングで家族に連絡するかは看護師の判断で行われることが多いです。

 

なので、その看護師の考え方に左右されます。

日中であれば、状態が悪くなればすぐに電話をすることが多いと思います。

ただ、夜中状態が悪くなってしまい、危ない状況になった時、連絡をどうするのか迷う看護師も多いです。

夜中の2時とか、4時とかに電話で起こして来てくださいと言うのが正解なのか、朝まで様子をみて、もし家族が最後に間に合わなくても仕方ないと考えるのか。

それは看護師それぞれの考え方で決められてしまいます。

 

だから私は、最後を迎える時家族みんなに囲まれて最後を迎えたいのか、家族は夜中でもいいから連絡してほしいのかをちゃんとそれぞれの家族で話し合ってもらうのも一つだと思います。

 

朝5時まで「かあちゃん(奥さん)に会いたい」と話していた患者が、その1時間後に亡くなってしまった事もありました。

その時はまだ話せているし、奥さんも高齢だからもう少し様子をみてもいいだろうと思ったのです。

でもその判断のせいで、家族は最後に立ち会えなかった。

確かにもう持ちません、数日以内でしょうという話は主治医から聞いていたようですが、家族は本当に最後に立ち会えなかったことを納得できているのか私にはわかりません。

最後の奥さんに会いたいという言葉を聞いたのが看護師で良かったのか、後悔しています。何か伝えたい事があったかもしれないのに。

 

医療は人の命を救うものだと思いますが、人の最後も考えるべきなんじゃないかなと思うのです。

だっていくら医療が進歩しても、必ず人は最後を迎えます。

最後まで痛い、苦しいなど辛い思いをして死を迎えるのか、それとも家族や仲のいい人に囲まれて好きなことをして最後を迎えるのか。それを決めるのは本人や家族かもしれないですが、それに協力できるのは病院という場では医療者しかいないのです。

 

人の最後を見届けるのは、正直決していい気持ではありません。

でも、それに対してアレルギーや拒否反応を起こすような看護師では居たくないと思っています。

この方の最後をどのように過ごさせてあげられるのか考えられるのは、病院という場では病棟スタッフしかいません。

毎回考えます。これで良かったのか。

人の最後に立ち会う事を嫌がるスタッフはたくさんいます。

ナースステーションで口に出すスタッフもたくさんいます。

でも私はそうではなく、どんなふうに最後を迎えさせてあげるかを話し合いたいのです。

この人や家族ならどんな形がいいのか。

でもなかなか難しいんですよね。人の最後を見届けることを考えるのを嫌がる医療者は多いですから。

 

私は、人の最後にもきちんと向き合える医療者でありたい。

それを教えてくれた、以前の先輩たちの教えを信じているし、それがいい方法だと思っているから。

まだまだ未熟な看護師ではあるけど、これが一つの目標だったりします。

 

<a href="//diary.blogmura.com/profession/ranking.html"><img src="//diary.blogmura.com/profession/img/profession88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="" /></a><br /><a href="//diary.blogmura.com/profession/ranking.html">にほんブログ村</a>

 

 

 

転職した理由

 

私が転職を考えたのは、結婚を考えるようになったからです。

 

まあ、よくあるパターンなのですが。

以前の病棟は残業が当たり前で、しかも日勤は消灯まで、夜勤は昼食まで残ることが珍しくなかったので結婚したら家庭の事を考えると病棟にいるのは厳しいと考えたのです。

 

子供が出来ても病棟で働きたかったので、残業の少ない病院に転職したいと考えました。

あと、違う環境で働いてみたいと思ったのもあります。

 

 

看護師の転職で多いのが転職サイトの利用だと思いますが、私もそうでした。

転職した友達に聞いたり、ネットで見たりしておすすめ転職サイトを探し登録。

登録後すぐ電話がくるのでビビりました。

 

私は一社しか登録しなかったのですが、もう2、3社に登録して相談すればよかったなーと今は思っています。それは後で書きます。

 

私が登録したサイトでは担当さんがついてくれて、希望を伝え、それに沿って病院をお勧めしてくれる形でした。

多分どこもそうなんですかね?

6か所くらいすすめられて、その中から相談して2か所選びました。

でも、面接の予定が組めないとかで、どっちも受けられなかったんですよね。

4月から働きたかったので、その条件で、できれば託児所がついていてと探したのですが、人気のところだと、4月からだと新卒がいるので、面接をすんなり組めないようでした。

 

しかも、面接後内定が通ったら一週間で返事をしないといけないんです。

だから、2か所比べたいとかあれば、短い期間で受けて比べて決めないといけません。

 

私の場合、1か所はすぐ面接可能だったのですが、もう1か所はなかなか予定が立たずで、どっちも受けられなくなってしまったんです。

 

結局最初に勧められた場所と全然違うところを受けて、しかも一か所しか受けさせてもらえず、そのままそこに決まってしまいました。

 

これってどうなんでしょう?

希望からはかけ離れてるってわけじゃないけど、もう一か所ぐらい比べてみてみたかったなと、思うわけです。

最初の2か所が予定が立たず焦ってしまいましたし、そのまま進められるままに、受けてしまったんですよね。

 

ここで、別のサイトにも登録しておけば、別の病院の情報や、同じ病院の情報でも違うものがもらえたんじゃないかと、憶測して後悔しているのです。

 

実際働いてみると、残業は減りましたが、スタッフを守ってくれるようなシステムや、教育システムが薄かったり、残業代が出なかったり、休みが取りづらいなどのマイナス面が多かったです。

 

しかも、私が大切だと思っている患者中心の看護がとてもじゃないけどできない。

以前の病院とくらべてスタッフが優先の看護なんですよね。

こんなに忙しいからダメって患者に断る看護師がいるのを初めて見ました。

 

マウスケアをしないで、口の中が大変な事になっていたり、髭剃りをしないから夏でもサンタクロース風の患者さんがたくさんいるんですよ。

ケアより記録優先。

患者と話しをするときも、記録しながらで良くない?と思っている人が結構多い。

 

私が学んできた看護はこんなんじゃない。

でも私のやり方では残業が多くなって、周りからの視線が痛い。

しまいには無視とか、「は?」とか言われるようになり、目を合わせてくれない人まで。

 

正直、今すぐ辞めたい。

仲のいい人もいるし、分かってくれる人もいるのが救いだけど。

 

夫婦の事情もあり、まだやめられないし、お金の問題もあるし。

 

これから病院を変えること考えている人にはできるだけ納得できる形で転職てほしいと思います。

あんまり転職サイトの担当者の言うことを鵜呑みにせず、出来れば何か所か比べてみるといいと思います。

 

私が単純で簡単に決めてしまったのがいけないのですが、私みたいに簡単に決めてしまう人もいると思うので気を付けてください。

 

絶対後悔しますよ!!

 

 

 

 

 

 
にほんブログ村