mizukisaki diary

ただの日記

いつもはみないけど。

毎年この時期は24時間テレビ

普段は見ないです。

きっと感動したり、
泣いたりするんだろうけど
どうしても苦手で。

医療者としてはダメなのかなーと思いつつ。

夜勤明けで寝て
たまたまテレビをつけたら
24時間テレビ笑点のコーナーでした。

なんとなく子供の頃から見ていた番組。
田舎で祖父母もいたので
その影響です。

今年亡くなった歌丸さんの特集でした。

生前最後の動画を流していましたが、
食事が取れないために
経管栄養のチューブが入っていることに
気づきました。

普段病棟でよく見る光景。

でも元気な姿を小さい頃から見ていた
芸能人の人が
経管栄養のチューブを
入れているのは衝撃的な光景でした。


入院してくる患者さんに
経管栄養をするのは
なんの抵抗もありません。

必要性も理解しているし
認知症で抵抗されながら
チューブを入れる事もあります。

でも元気な頃を知っている人って
ちょっと衝撃でした。

これが家族ならきっと
こんな衝撃じゃないんだろな。

小学生の頃に祖父が亡くなっていますが
10歳ぐらいのことなので
ほとんど覚えていません。

両親からも詳しく説明された事もないし
ただ、両親や祖母どんな姿だったのか
残される家族がどんな不安や
どんな思いなのかを
子供ながらに見ていた記憶があります。

患者本人だけが病気や老い、死と
戦っているわけじゃなくて
周りの人間も一緒に悩み、苦しんでいる。

よく若年性癌や小児がん
テーマにしたテレビはよく見るけど
高齢者やその家族をテーマにしたテレビって
ないよなー。

みんな最後に行き着く先は一緒。
そこにどうやって向かって行って
どうやって向き合うか
それは人それぞれ。

歌丸さんのように
最後まで諦めない姿を
見せてくれる人もいるけど

そんな人たちばっかりじゃ無いし
ドラマになるような事ばかりじゃ無い
それでも、世間から見えないところで
沢山の人が、
病気や死と向き合っているという事実。

普通に生活している人じゃわからない。
病院の現実。

この仕事は泣きたくなる事も
文句を言いたくなる事も沢山ある。

やりたく無い仕事、汚い仕事。
患者と医者に挟まれて、
怒鳴られることもある。
ミスしたら、最悪の事も考えられる。

でも、その人の最後の時間に
関わっている事、関われる事。
もっと真剣に向き合いたい。

きっと私にこの仕事は向いていない。
感情に左右されやすいから。
でも、それが役に立つ事がある事、
認めてくれる人がいる事
ありがたいと思う。

いつもは見ないのに
たまたますごく考えさせられた。


にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代 日々のできごとへ
にほんブログ村



ご飯

美味しいもの食べるって大切ですよね

夏バテする季節
ついつい素麺ばっか食べちゃう

この季節作り置きは怖いし
野菜もすぐ傷んじゃうから
なかなか買い物する気にもなれず

コンビニとか
マックとかで済ますっていうね

旦那は飲食店で働いてるので
ご飯は旦那の方が美味しいし

自分だけならどうでもいいタイプなので
かなり適当になってます笑

この前食べたお店は
美味しかったなー

合わない職場と
合わないスタッフに
囲まれてると
無意識に無理してるんでしょうね


チェーン店のご飯でも
食べながら泣きそうになって来た

少し良くなって
またダメでを繰り返して
やっぱり辞める選択をって思ってるけど
タイミングがよくわからない
お金も心配だし
次の職場が合うかわかんないし

結婚したし、
年齢的にも子供を考えたい
旦那の給料だけで生活は無理だし
私も働きたいけど
どれが正解なんだろ?

早く辞めるって言わないと
延び延びになって行くだけなのに
決めらんない。

とりあえずご飯美味しい。
泣きそうなぐらい。


にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代 日々のできごとへ
にほんブログ村



吐き出せるって大事

夏バテでしょうか
食欲がさらに落ちました

ダイエットなんてしてないのに
半年で4キロ落ちました。
胸が無くなる。

服が合わなくなって来た。

食欲の出るようにと処方された薬は
意味があるのかわかりません。

友達と食事に行くと食べれてたのに
今は飲み物しか受け付けません

だからめっちゃ酔う笑


仕事の時の動悸が酷くなって来て
レスキュー的に使っている薬も
効果が薄くなって来た気がする

やっぱり向いてないのかな。

今日はとりあえず吐き出しに
付き合って貰ったから
少しスッキリしたけど
食事は進まないね

これ以上痩せるわけにはいかないので
なんとか食べて
なんとか動いて
筋肉も落ちないように

ダイエットしたい時は落ちないのに
増えたい時は増えないってズルい


違う仕事も本気で考えないと
結構限界が
とにかく毎日緊張してる
しんどい

休みはなんもできない

転職して間違ってたとは思いたくないけど
少なくともここは合わない


誰かが亡くなる時に当たらなかった人が
セーフとか良かったとか
言うようなところは
わたしには合わない

最後のお見送りも
私たちの仕事だと
結構まじめに思ってる。

その場面に立ち会いたくないからって
事件を起こした人も
ニュースになってるけど
わたしがいるところも
下手したらそういう考え方に
近いものを持ってる人がいるんだろうなって
思ってしまう
人として、そんな事しないのは
わかってるけど


休職を勧められたり
移動を勧められたりするけど

休んだらもう二度と仕事に行けない
移動して環境が変わるのも怖い

辞める以外、選択肢が私にはない

でも、家族がいると
それも簡単には踏み切れない

たぶん、夫はいいよって言ってくれるけど
むしろ辞めなよって言ってくれるけど

生活費とか将来のための貯金とか
考えるとまだ辞めるのも。

退職金出ないし
せめてボーナスはもらってからとか


自分でも決められない。

あーどうしよう。




にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代 日々のできごとへ
にほんブログ村



過緊張

梅雨でジメジメしている毎日。

バックには折りたたみ傘を入れっぱなしにしてあります。
ええ、面倒なので天気にかかわらず入れてあります笑


最近仕事ではやっと精神的な落ち着きを取り戻しつつあります。
過呼吸は出なくなりました。

でも、何もない平和な日でも、異常に緊張する事があります。

それも症状の一つです。

ずっと心臓がバクバクいって、
ソワソワし、
右に左に行ったり来たりする羽目になります。

仕事になりません。
集中出来ないんです。

他の人にはバレてはいけないと思いながら
必死に仕事をしています。

主任にチラッと訴えてみると
全然普通に見えたよーと
呑気な返事をもらいました。

バレてなかったと安心したものの
私のこの緊張感をわかってもらえなかったという残念な気持ちにもなりました。

まぁこればっかりは他人にわかるものではありませんが。


先日、師長と面談しました。
私が必死に症状をひた隠しにしているのが功を奏して?、師長は私が落ち着いて仕事が出来ていると思っていたようです。

私が症状をひた隠しにするのは、
他のスタッフに変に気を使われるのが
嫌なだけです。

薬にお世話になっている事がバレても
良いとは思っていますが
しょっちゅう症状が出ていて
周りに迷惑をかけて
疎まれるのは避けたいのです。

薬飲んでいても、普通に仕事ができるなら
周りに変に気を使われずに済むんじゃないかと
勝手に思っています。

薬を飲んでいる事を話した人も
普通にしてくれています。
気を使ってくれているかもしれませんが。


師長はちゃんと話しを聞いてくれました。
言いたいことは全部言えました。
間違った事を言ったかもしれませんが
私を否定する事なく、ちゃんと聞いてくれました。

それだけで、すごく救われた気持ちです。

いつ辞めたいか決めてる?と聞かれた時も、
正直に、明日からでも来たくないと
言いました。
でも、迷惑をかけたいわけでもないし
現実、明日やめて次の仕事を探すまでの
金銭的余裕があるわけでもありません。

それもちゃんと耳を傾けてくれました。
すごく、楽になりました。

元々の私の性格があるので、
訴えを否定されるのがとても怖い私。

それなのに、思ったことは口から出ちゃうので
後でめちゃくちゃ後悔する事を繰り返しています。


師長と面談した後も、時々症状と闘いつつ
忙しく走り回っています。


ベテランと言えるほど経験を積んだ訳ではありませんが、それなりに経験をして、この仕事のいいところも辛いところも見えてきたつもりです。

その上で、看護師を続けるのか、
別の仕事を探すのか、
看護師として違う形を探すのか、
もう少し悩もうと思います。


にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村




やっと書く気になりました笑

相変わらず忙しい毎日。
朝起きることから必死。

新しい病院に勤め始めて1年と2ヶ月が経ち、やっと本音を言っても聞いてくれる人ができました。

新しい職場に入ってから、なんでこんなトコ来たんですか?っていきなり言われ

違うところにすれば良かったのにと言われたことも、師長に暴露してみました笑


もうどうにでもなれと思ったし。



やっと師長との面談もでき、安心して仕事ができるように配慮してくれてる事を知りました。

ありがたい。


それでも一度落ちた精神状態がなかなか戻る事は難しいようで、体重が徐々に落ちていて

服のサイズが合わなくなって来た、、、

日勤だろうが夜勤だろうが、リーダーだろうが関係なく、動機や不安感に襲われ、ソワソワしている事を必死に隠しながら仕事してます。

薬を飲み忘れても平気で働いてる日もあるけど、飲んでいても突然襲ってくる不安感と焦燥感。



正直、明日でも辞めれるなら辞めたい。

休職とか部署異動は勧められたけど、辞められるのはちょっとと繰り返され続けてきた。

でも、少し話が進みそうで、なんとか部長に話を持って行ってくれるって言ってもらえました。

それだけでも、少し心は楽に。

なんて単純なんだ笑。



唐突に、最近あった医療麻薬のお話を。

オキシコドン徐放錠を内服している方が錠剤を飲むのが厳しくなったので、粉砕して飲んでいる事もありますってメモが残っていました。

誰だよ!そんな事したやつ。

徐放錠は徐々に薬が吸収されるような仕組みに出来ているので、砕いちゃったらダメなのに!


まぁ結局、本当に粉砕したのか、誰がやったのかははっきりせず。

主治医には錠剤の内服が厳しいので、薬の変更を検討して下さいと伝えました。

結局フェントステープへ変更。
そこでも、オキシコドンの最終内服に合わせて貼りたかったのですが、主治医より届き次第貼るようにとの事。

まぁ指示なのでその通りする事になりましたが、薬のルール的には若干違うとおもうのですが、、、。

看護師は文句言えませんからね。
結局、主治医の指示でって言われちゃうんですよね。

全部、医師の指示って言っとけば、法律でも犯罪にされることないからって豪語してるドクターもいたなー。
こんな奴に当たりたくねーと思ってました。
(口悪くてすみません。)
夜勤の時にその先生が当直だった時は、何もない事を全力で祈ったのは忘れたい思い出です。



いつも患者さんが苦しんでいるのを現実で見ているのは看護師。
それを主治医に伝えても、ちゃんと患者さんと話してくれるドクターもいるけど、指示通りに薬使っといてーとだけ電話で言ってくるドクターも。

多忙なのはわかる。
でもあなたたちが扱ってるのは人の命ですよとブチ切れそうになる事もあります。

目の前で苦しんでいる方に指示がないと何も出来ないっていう現実に挟まれて、悔しくて申し訳ない気持ちになる事が時々あります。

側にいて、話を聞いて、手を握って。
それだけで楽になる方も多いですが、それすらままならない毎日。

とにかく時間通りに仕事をこなして、定時で上がるのが合言葉の職場。

そのせいで薬の確認を適当にして、インシデント。

もっとちゃんと看護師をやりたい。
それには私も学ぶ事は多々あるのですが。

まだまだ悩みストレスと戦う日々は続きそうです。




にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村

頭が軽くなりました

結婚して1年以上経ってからでしたが、やっと結婚式を行いました。

ずっと伸ばしていた髪を最大限に生かして、ヘアセットは3パターンもやってもらえて満足です。


始めたばかりのブログもままならないほどにバタバタでしたが、なんとか終わり
飽きていたロングヘアから、バッサリとショートに変更!


頭軽くなったー!

基本ストレートヘアの私ですが、短くするとクセが出るので、思うようには出来なかったけど満足!

当分短いままいろいろ遊ぼうと思っております。


そしてバッサリ35cmほど切った髪は貰って帰ってきたので、ヘアドネーションやってみようかな。

ただ、だいぶ枝毛やら切れ毛やらが出て来てて
パーマかけたとこはほとんど切ったはずだし
カラーリングもしてないので大丈夫だと思うけど

猫毛気味の私の髪で大丈夫なのかしら?

役に立てばいいなー
やっぱり医療者としても、女性としても
髪の大切さは知ってるわけで、
男性も女性も治療で髪を失うって
結構傷つくんだよね。




最近の仕事はなんとかやっておりますが
やっぱり動悸が治まらず、
1時間遅く出勤させてもらったり
薬に頼る日々は続いております。

今月で辞めるスタッフからは
嫌味を言われ
夜勤ではインシデントを起こし
まじしんどい。

結婚式終わってからの現実が
キツイです。

やっと仲良くなれたスタッフも辞めちゃうし
でも勇気を出して、ライン聞き出しました
めっちゃ嬉しくて、ご飯行くの楽しみ!


いいことも、悪い事もいろいろあります。

進んだり戻ったり、薬に頼りながらも
やっております。

旦那も仕事が楽しそうなので一安心ですが
これから子供とかも考えると、
将来は安心できない。
いろいろ考えねば。

当分は結婚式の余韻に浸りつつ
新人や中途相手にバタバタしそうです。






にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

4月になりましたね

4月になり、私の病院でも昨日入職式が終わったようです。

きっと、緊張とワクワクでいっぱいだったんだろうなと。

私もそうだったなーと思いながら、夜勤明けでさっさと帰って来てしまいました笑

入職式はどこに配属されるのか、20年前から漠然となりたかった看護師にようやくなれるのかと前向きな事しか考えていなかった。


最初の1.2ヶ月は緊張で、よく顔死んでるわよと先輩に言われてましたけど笑
よくご飯連れてってもらったりして、励ましてくれた先輩でもあったので、今では笑い話ですが笑



そして今月から8年目の私はどうやら環境の変化が苦手なようで、食欲が落ち始めました。

病棟のスタッフや師長、主任と一斉にスタッフが変わってしまったんです。


今は炭水化物拒否、お肉拒否です。
お腹は空くのに。



ヨーグルトとかゼリーとか食べられる物を探して食べていますが、体重が落ち始めました。


今月結婚式を控えてる身としてはありがたいような、でもやつれて出るっていうのもどうかと。


まだ、夫の支えや結婚式を楽しみにする気持ちでなんとか仕事もこなしていますが、このままだと大丈夫なんだろうか。

そろそろ薬も切れるし、病院で相談かなー


仕事を辞める選択をしたいんだけど、また次って思うとなかなか動き出せずにいます。


この資格はいくらでも就職先あるけど、経験の内容によっては病院が合わなかったり、見学だけじゃ見えない裏側にうんざりする事もあるんだと勉強になりました。


悩むぐらいならさっさと辞めた方がいいと言われることもあるけど、また同じ失敗をとか、お金の事とか考えると踏ん切りはつかない。

そして、法律で決まっていても1ヶ月前に辞めるって言っても辞めさせてもらえない現実。

あとは有給消費で1ヶ月くらい休みとかも病院によってはありません。

前のところ辞める時は、有給消費0日でした!

超ブラック。

まぁ病院でホワイト企業なんてないです。
サービス業に近い所もあるし、クレーム対応もしなきゃなんない。
休み取れない、有給消化率なんて10パーセントぐらいのところ結構ありますよ。
残業代付かないとかもあることはあります。



まぁ4月からする話ではなかったかもしれないけど。
それが現実で、そうやって医療業界は回っているのです。
スタッフを優遇すれば患者が置き去りに、患者を優遇すればスタッフが置き去りに。
経営だって成り立たなくなるでしょう。
その中で自分の妥協点を探さないとなーと、最近は思っています。


これから、社会の荒波に突っ込んで行く人も多いと思いますが、自分を大切に。
しんどくなったら、環境を変えたり、専門家に頼るのも手ですよ。




にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村