mizukisaki diary

ただの日記

ショックな出来事と私の思う大切な事

今の職場ですごく尊敬する人がいるのですが、その人が辞めてしまう事を知ってショックを受けています。

唯一私の考えを理解してくれる人だったので、これからどうしていこうか悩んでいます。


結婚もしてるし、年齢的に子供も考えています。
やっと就職して1年経つし、結婚式が終われば子供をと考えていたのですが、もう辞めちゃおうかなって。


わたしは患者さん達がなにを望んでいるか、必ず想像します。

それは些細なことでも、人生を終える選択を迫られた時でも、なんでも。
人はなんがなんでも最先端治療を望む訳では無いのです。
それで病気が治ったり、それで余命が10年伸びるなら選ぶかもしれません。

でも、高齢者や末期ガンの人はそれは当てはまりません。
いつ人生が終わるかわからない人が多いので、自分の人生をどうやって終えるかを考えなければならないんです。

私は最後までその人らしくいて欲しいと思っています。
好きな事、家族との団欒、仕事の事、お金の事。
いろんな、その人を取り巻く環境が出来るだけそのままで人生を終えて欲しい。

自分の人生が終わる時、皆さんはなにを考えるでしょうか?

家族のこと、お金や財産の整理、自分の荷物のこと、人に見られたくない自分だけの秘密の事。


今まで関わった人の中には、余命宣告された次の日には弁護士事務所に行って、遺言状を完成させて来たとスッキリした顔で話した人もいました。
奥さんも笑顔でした。
自分で自分の人生の整理しようと心を切り替えられたのでしょう。

逆に、病状や余命を宣告された最中に、引っ越したばっかりなのにどうすればいいんだと悩んでいた人もいました。
その時医者は、そんな引っ越しの手続きより、治療の話をしてるんですよ、とイライラしている様子でした。
その会話を聞いていた私には、きっとこの人は順序どおりに手続きを進めていかないと、自分の治療や人生の終えかたを決められないんだろうなと感じました。
だから、あえて声を掛けさせてもらったりしたけど、医者はなんでなのかわかってない感じでしたね。


治療をするのは医者ですが、それを選択するのは患者や家族です。
その患者や家族の心の準備が整っていないのに、どうしますか?すぐ決めてくださいって迫られても決められないに決まってるのに。


この病院のスタッフはそれは疑問に思わない。
定時で帰る事が全て。
こんなに人は冷たいのかと人生勉強しています。

この話をわかってくれるのはあの人だけだったんだけど、その人がいなくなってしまうのは不安しかないんですよね。


私の看護感をひたすら否定される環境でやっていけるのか。
これ以上私が病んでしまったら旦那にも迷惑かかっちゃうしなー。


4月からまた人事異動や新しいスタッフの入職があって、環境が変わります。
私の心がそれについていけるのか。
話せるタイプの人が来てくれれば良いんだけど。
最悪やめるしかないかな。





にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村

人はみんな最後を迎える

 

私たち人間は、最後に必ず死を迎えることになります。

それはどんな形かはわかりませんが、必ず迎えます。

 

私は高齢者が多い病棟で働いている期間が長いので、実際に病院で最後を迎える人を見る機会は少なくありません。

癌の終末期の方、高齢で寿命を迎える方、急変される方もいます。

私はその現場に居合わせる時いつも緊張します。

平常心でいられる人はいないと私は思っています。緊張することはなくても。

 

病院なので、心電図モニターを付けていることが多いので、心臓がどのぐらいの速さで動いているのか、血圧はいくつなのか、意識はあるのか。

そういうところを常に気にしています。

 

そして、家族の事です。

 

最後を迎える時に、いくらこの先が長くないから、心臓マッサージや人工呼吸器をつけなくていいです。いつ亡くなってもいいように覚悟ができています。と、言われても、最後は家族に会いたくないですか?

 

私は合わせてあげたい。会ってほしい。

 

だってもう二度と、会話どころか、手を握っても体温すら感じられないのは寂しいじゃないですか。

会話が出来なくても、心臓が動いていてまだ生きているっていう実感が得られるタイミングまでに家族に合わせてあげたいと思うのです。

人の五感のうち聴覚が最後まで残るといわれています。

家族の声で止まりかけた心臓が少し戻ったような場面も何度か見ました。

(他の医療者には気のせいと言われるかもしれませんが。)

 

 

最後がいつ来るのかは誰も予想できません。

余命はどのくらいです、と医者に言われたとしても、それは統計学的な数字でしかないのです。

 

家族の誰かがいなくなる時、本当に覚悟はできていると思いますか?

もう二度と会えないんです。本当に二度と。

 

病院の実際をお話しすると、救命処置を何もせずこのまま経過観察をするだけでお見取り方向です。という場合、どのタイミングで家族に連絡するかは看護師の判断で行われることが多いです。

 

なので、その看護師の考え方に左右されます。

日中であれば、状態が悪くなればすぐに電話をすることが多いと思います。

ただ、夜中状態が悪くなってしまい、危ない状況になった時、連絡をどうするのか迷う看護師も多いです。

夜中の2時とか、4時とかに電話で起こして来てくださいと言うのが正解なのか、朝まで様子をみて、もし家族が最後に間に合わなくても仕方ないと考えるのか。

それは看護師それぞれの考え方で決められてしまいます。

 

だから私は、最後を迎える時家族みんなに囲まれて最後を迎えたいのか、家族は夜中でもいいから連絡してほしいのかをちゃんとそれぞれの家族で話し合ってもらうのも一つだと思います。

 

朝5時まで「かあちゃん(奥さん)に会いたい」と話していた患者が、その1時間後に亡くなってしまった事もありました。

その時はまだ話せているし、奥さんも高齢だからもう少し様子をみてもいいだろうと思ったのです。

でもその判断のせいで、家族は最後に立ち会えなかった。

確かにもう持ちません、数日以内でしょうという話は主治医から聞いていたようですが、家族は本当に最後に立ち会えなかったことを納得できているのか私にはわかりません。

最後の奥さんに会いたいという言葉を聞いたのが看護師で良かったのか、後悔しています。何か伝えたい事があったかもしれないのに。

 

医療は人の命を救うものだと思いますが、人の最後も考えるべきなんじゃないかなと思うのです。

だっていくら医療が進歩しても、必ず人は最後を迎えます。

最後まで痛い、苦しいなど辛い思いをして死を迎えるのか、それとも家族や仲のいい人に囲まれて好きなことをして最後を迎えるのか。それを決めるのは本人や家族かもしれないですが、それに協力できるのは病院という場では医療者しかいないのです。

 

人の最後を見届けるのは、正直決していい気持ではありません。

でも、それに対してアレルギーや拒否反応を起こすような看護師では居たくないと思っています。

この方の最後をどのように過ごさせてあげられるのか考えられるのは、病院という場では病棟スタッフしかいません。

毎回考えます。これで良かったのか。

人の最後に立ち会う事を嫌がるスタッフはたくさんいます。

ナースステーションで口に出すスタッフもたくさんいます。

でも私はそうではなく、どんなふうに最後を迎えさせてあげるかを話し合いたいのです。

この人や家族ならどんな形がいいのか。

でもなかなか難しいんですよね。人の最後を見届けることを考えるのを嫌がる医療者は多いですから。

 

私は、人の最後にもきちんと向き合える医療者でありたい。

それを教えてくれた、以前の先輩たちの教えを信じているし、それがいい方法だと思っているから。

まだまだ未熟な看護師ではあるけど、これが一つの目標だったりします。

 

<a href="//diary.blogmura.com/profession/ranking.html"><img src="//diary.blogmura.com/profession/img/profession88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="" /></a><br /><a href="//diary.blogmura.com/profession/ranking.html">にほんブログ村</a>

 

 

 

転職した理由

 

私が転職を考えたのは、結婚を考えるようになったからです。

 

まあ、よくあるパターンなのですが。

以前の病棟は残業が当たり前で、しかも日勤は消灯まで、夜勤は昼食まで残ることが珍しくなかったので結婚したら家庭の事を考えると病棟にいるのは厳しいと考えたのです。

 

子供が出来ても病棟で働きたかったので、残業の少ない病院に転職したいと考えました。

あと、違う環境で働いてみたいと思ったのもあります。

 

 

看護師の転職で多いのが転職サイトの利用だと思いますが、私もそうでした。

転職した友達に聞いたり、ネットで見たりしておすすめ転職サイトを探し登録。

登録後すぐ電話がくるのでビビりました。

 

私は一社しか登録しなかったのですが、もう2、3社に登録して相談すればよかったなーと今は思っています。それは後で書きます。

 

私が登録したサイトでは担当さんがついてくれて、希望を伝え、それに沿って病院をお勧めしてくれる形でした。

多分どこもそうなんですかね?

6か所くらいすすめられて、その中から相談して2か所選びました。

でも、面接の予定が組めないとかで、どっちも受けられなかったんですよね。

4月から働きたかったので、その条件で、できれば託児所がついていてと探したのですが、人気のところだと、4月からだと新卒がいるので、面接をすんなり組めないようでした。

 

しかも、面接後内定が通ったら一週間で返事をしないといけないんです。

だから、2か所比べたいとかあれば、短い期間で受けて比べて決めないといけません。

 

私の場合、1か所はすぐ面接可能だったのですが、もう1か所はなかなか予定が立たずで、どっちも受けられなくなってしまったんです。

 

結局最初に勧められた場所と全然違うところを受けて、しかも一か所しか受けさせてもらえず、そのままそこに決まってしまいました。

 

これってどうなんでしょう?

希望からはかけ離れてるってわけじゃないけど、もう一か所ぐらい比べてみてみたかったなと、思うわけです。

最初の2か所が予定が立たず焦ってしまいましたし、そのまま進められるままに、受けてしまったんですよね。

 

ここで、別のサイトにも登録しておけば、別の病院の情報や、同じ病院の情報でも違うものがもらえたんじゃないかと、憶測して後悔しているのです。

 

実際働いてみると、残業は減りましたが、スタッフを守ってくれるようなシステムや、教育システムが薄かったり、残業代が出なかったり、休みが取りづらいなどのマイナス面が多かったです。

 

しかも、私が大切だと思っている患者中心の看護がとてもじゃないけどできない。

以前の病院とくらべてスタッフが優先の看護なんですよね。

こんなに忙しいからダメって患者に断る看護師がいるのを初めて見ました。

 

マウスケアをしないで、口の中が大変な事になっていたり、髭剃りをしないから夏でもサンタクロース風の患者さんがたくさんいるんですよ。

ケアより記録優先。

患者と話しをするときも、記録しながらで良くない?と思っている人が結構多い。

 

私が学んできた看護はこんなんじゃない。

でも私のやり方では残業が多くなって、周りからの視線が痛い。

しまいには無視とか、「は?」とか言われるようになり、目を合わせてくれない人まで。

 

正直、今すぐ辞めたい。

仲のいい人もいるし、分かってくれる人もいるのが救いだけど。

 

夫婦の事情もあり、まだやめられないし、お金の問題もあるし。

 

これから病院を変えること考えている人にはできるだけ納得できる形で転職てほしいと思います。

あんまり転職サイトの担当者の言うことを鵜呑みにせず、出来れば何か所か比べてみるといいと思います。

 

私が単純で簡単に決めてしまったのがいけないのですが、私みたいに簡単に決めてしまう人もいると思うので気を付けてください。

 

絶対後悔しますよ!!

 

 

 

 

 

 
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の癒し

私の癒しはペットのハリネズミです。

ずっと猫が飼いたかったんですが、
ペット可の賃貸は厳しいし、

旦那にも反対されて、
テレビで見たハリネズミに一目惚れして
飼い始めました。

私より旦那の方がメロメロになってましたが笑

名前はキノちゃん

前にAmebaでブログやってた時なので1年以上前の写メだけど。

臆病な動物なのでしょっちゅう触るのは控えてるんだけど、
めちゃくちゃ可愛い。

もう飼い始めて2年目だし、
ご飯の事とかも気にかけないといけないなーと思ってるんだけど。
なかなか。

明日は夜勤だし、会えないから
今日中に癒されておこう。


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

看護師の仕事

日々の業務の中で看護師の仕事はめちゃくちゃ幅広いです。

実習でやったようなことばかりやるものだと思っていたのに。

 

点滴や、日々のケアはもちろん、検査出しや、オペ出し

その合間には寂しいからとナースコールを連打されたり、

叫ばれたり、殴られたりしたことも(´;ω;`)

内科だからでしょうか、高齢者が多くて認知症やせん妄の人多いんですよね。

 

そんな状況で医者と家族の連絡調整までしなければなりません。

正直自分で聞けや!と思ったことは何度もあります。(笑)

 

看護師の仕事は保助看法にて、「傷病者若しくは褥婦に対する世話または診療の補助を生業とするもの」と定められています。

私が日々やってる業務もきっとこの中に入るのでしょうね。

 

ただ、転職して思ったのは病院によってどの業務を大事にするかが全く違うんですよね。

前にいたところは、とにかく患者が一番大事で、記録とか後回しにしてでも、患者のケア優先って感じで、残業ばかりやってました。日勤で消灯まで残ってても普通って感じでしたね。

今のところは時間内に記録を終えて帰るのが大事。患者のケアはできるときにやればOKみたいな雰囲気なんですよ。

この違いにフラストレーションを感じて、私は病んでいるのですが(笑)

 

私は患者さんが一番で、医療現場の主役は医者でも看護師でもなくて、患者さんだと思うんですよね。

もちろんサービス業ではないのでなんでも患者さんの言う通りってわけにはいかないんですけど。指導するときはしますよ。その人に必要なことなら。

 

今の場所でもそうやって考えて行動したいんですけどね、定時上がりしないと文句言われちゃうしで、患者さんと話しながら不甲斐なさに泣きそうになったこともありますよ。

誰に聞いても、やっぱりどこもそうやって悩みながら仕事してるみたいですね。

私ももう少しやり方考えてやっていこう。

この仕事は好きだし。楽しいから。

 

 


にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

なんで看護師になったのか

 

看護師になって数年経ちましたが、

自分でもどうして看護師にこだわったのかは不明です。

 

ただ、小さいころからこの仕事にしか興味が沸かず、

高校を選ぶ時から看護師になることを決めて、

看護科のある高校に入りました。

 

田舎育ちで、兄弟の中で一番上の私にお金をかけたくないと

父に言われたので、そこに行くしか看護師になる道がなかったのです。

 

決して勉強は出来ず、実習も最悪でした。

コミュニケーションは取れず、いつも泣いてばかりいた記憶があります。

勉強も大嫌いで、自分が興味のあることしかやらないので

赤点は多かったです。

あんた普通なら退学だからね、と先生に言われ、

関連図をメモ帳にされたこともあります。

 

だから、関連図は今も大嫌いです。(笑)

 

みんなに迷惑をかけつつ、なんとか現役で正看護師となることができたのです。

なってみると辞めたくなる事もありますが、

やっぱりなってよかったと思うし、

他の仕事に変えたいと思えないぐらいです!

 

 

 にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村

 

はじめてみました。

 

看護師になって数年。

病院を転職しました。

慣れない環境からか、病み始め

スタッフともなかなか合わず。

思っている事も吐き出せず。

このままではヤバイと思い、吐き出す場所を求めて、ブログを始める事にしました。

 

病んでいるとはいえ、普通に趣味も楽しみ、ペットのハリネズミと夫を可愛がって生活しているので、本当にただの日記になりそうです。笑

 


にほんブログ村