mizukisaki diary

ただの日記

やっと書く気になりました笑

相変わらず忙しい毎日。
朝起きることから必死。

新しい病院に勤め始めて1年と2ヶ月が経ち、やっと本音を言っても聞いてくれる人ができました。

新しい職場に入ってから、なんでこんなトコ来たんですか?っていきなり言われ

違うところにすれば良かったのにと言われたことも、師長に暴露してみました笑


もうどうにでもなれと思ったし。



やっと師長との面談もでき、安心して仕事ができるように配慮してくれてる事を知りました。

ありがたい。


それでも一度落ちた精神状態がなかなか戻る事は難しいようで、体重が徐々に落ちていて

服のサイズが合わなくなって来た、、、

日勤だろうが夜勤だろうが、リーダーだろうが関係なく、動機や不安感に襲われ、ソワソワしている事を必死に隠しながら仕事してます。

薬を飲み忘れても平気で働いてる日もあるけど、飲んでいても突然襲ってくる不安感と焦燥感。



正直、明日でも辞めれるなら辞めたい。

休職とか部署異動は勧められたけど、辞められるのはちょっとと繰り返され続けてきた。

でも、少し話が進みそうで、なんとか部長に話を持って行ってくれるって言ってもらえました。

それだけでも、少し心は楽に。

なんて単純なんだ笑。



唐突に、最近あった医療麻薬のお話を。

オキシコドン徐放錠を内服している方が錠剤を飲むのが厳しくなったので、粉砕して飲んでいる事もありますってメモが残っていました。

誰だよ!そんな事したやつ。

徐放錠は徐々に薬が吸収されるような仕組みに出来ているので、砕いちゃったらダメなのに!


まぁ結局、本当に粉砕したのか、誰がやったのかははっきりせず。

主治医には錠剤の内服が厳しいので、薬の変更を検討して下さいと伝えました。

結局フェントステープへ変更。
そこでも、オキシコドンの最終内服に合わせて貼りたかったのですが、主治医より届き次第貼るようにとの事。

まぁ指示なのでその通りする事になりましたが、薬のルール的には若干違うとおもうのですが、、、。

看護師は文句言えませんからね。
結局、主治医の指示でって言われちゃうんですよね。

全部、医師の指示って言っとけば、法律でも犯罪にされることないからって豪語してるドクターもいたなー。
こんな奴に当たりたくねーと思ってました。
(口悪くてすみません。)
夜勤の時にその先生が当直だった時は、何もない事を全力で祈ったのは忘れたい思い出です。



いつも患者さんが苦しんでいるのを現実で見ているのは看護師。
それを主治医に伝えても、ちゃんと患者さんと話してくれるドクターもいるけど、指示通りに薬使っといてーとだけ電話で言ってくるドクターも。

多忙なのはわかる。
でもあなたたちが扱ってるのは人の命ですよとブチ切れそうになる事もあります。

目の前で苦しんでいる方に指示がないと何も出来ないっていう現実に挟まれて、悔しくて申し訳ない気持ちになる事が時々あります。

側にいて、話を聞いて、手を握って。
それだけで楽になる方も多いですが、それすらままならない毎日。

とにかく時間通りに仕事をこなして、定時で上がるのが合言葉の職場。

そのせいで薬の確認を適当にして、インシデント。

もっとちゃんと看護師をやりたい。
それには私も学ぶ事は多々あるのですが。

まだまだ悩みストレスと戦う日々は続きそうです。




にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村